大阪の歴史



大阪の歴史


  


 TOP>大阪の歴史

大阪の歴史  ここでは大阪歴史をほんの一部ですが、難しいお話は抜きして簡潔に紹介しています。
 大阪に築かれた二つの宮殿 難波宮(なにわのみや)とは…?
 
 かつて大阪には、日本史上で二度、天皇遷都による都が
 存在したと言われています。
 
 一度目は、飛鳥時代の「難波長柄豊碕宮(なにわながらとよさきのみや)」であり、
 二度目は奈良時代に聖武天皇が平城京から一時的に都を移したと
 言われている宮殿を指します。
 
 それらを総称して「難波宮(なにわのみや)」と言われています。
 
 ほぼ同じ場所に二つの時期の宮殿がつくられており、
 一度目の「難波長柄豊碕宮」のことを「前期難波宮」、
 そして、もう一方(二度目の都)を「後期難波宮」と呼んでいます。
 
 「難波宮」という名称は、歴史書に何度も載っていましたが、
 その所在地については長い間不明のままでした。
 
 しかし1961年、大阪市立大学教授の山根徳太郎氏らによる
 執念の発掘調査の結果、聖武天皇時代の「大極殿(だいごくでん)」が発見され、
 この地に難波宮があったことが確認されました。
 
 現在の具体的な場所で言うなら、「大阪市中央区法円坂」の地に
 難波宮の遺跡があります。
 
 現在、難波宮の跡地の一部は、難波宮史跡公園となっています。
 また、大阪歴史博物館の一角も難波宮の跡となっている為、
 大阪歴史博物館の地下1階では、この敷地内で発見された本物の
 古代遺跡を見学することができます。(当日予約要)
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 なにわ八百八橋って?
 
 豊臣氏の滅亡後、一時的に大坂は荒廃しましたが、
 徳川氏によって復興し、物資運搬の為に多くの河川の改修や
 堀の開削を行いました。
 
 そのため、数多くの橋が架けられ、「なにわ八百八橋」と言われるほどに、
 橋と水路が多い町となりました。
 
 これは「江戸八百八町」や「京八百八寺」に対して言われた言葉であり、
 実際に808の橋があったわけではなく、数の多さを表現したものです。
 
 当時の橋の数を比べれば、江戸が約350に対して、
 大坂は約180と、かなり少ない数字でした。
 
 しかしなぜ「なにわ八百八橋」と言われていたのでしょうか…? 
 
 それは、江戸の橋は幕府が架けた「公儀橋(こうぎばし)」と呼ばれるものが
 半数を占めていました。それに対して大坂は、幕府が架けた公儀橋は
 わずか12にすぎず、ほとんどの橋は商人や町人たちの力で
 築き上げたものだったからです。
 
 この事から「なにわ八百八橋」と呼ばれるようになりました。
 岡田心斎が架けた心斎橋や豪商淀屋が架けた淀屋橋は、
 今もその名を残しています。
 
 こうして水の都として復興した大坂は、経済や商業の中心地となり、
 「天下の台所」と呼ばれ、商人の町として繁栄しました。
 
 
 
 
 

 
  
 
  
 
 
 
 
 「なにわ」から「大坂」へ  「小坂・大坂」から「大阪」へ
 
 古代において大阪は、「難波宮」のように「なにわ」と呼ばれておりました。
 
 現在「難波」は、「なんば」と読まれ、大阪ミナミの中心地にその名が存在します。
 今でも大阪全体のことを「なにわ」と呼ぶこともありますが、
 その場合は「浪速」や「浪花」と書かれることが多くなっています。
 
 そして、江戸時代の頃には、「大坂(おおさか)」と呼ばれるようになりました。
 「大坂」以外にも「小坂(おさか)」と呼ばれていたようで、
 「小坂」と表記された資料も数多く残っています。
 
 大坂の「坂」という字は「土に返る」と読める為に、縁起が悪いということから、
 江戸時代の頃から「大阪」とも表示されるようになり、1871年(明治4年)には
 大阪府は「坂」を「阪」に正式に改めました。
 
 その他の説としては、「坂」という字が、士が反く(武士が叛く)という意味に繋がり、
 縁起が悪いということから、明治の新政府が「坂」の字を嫌った為に、
 大坂から大阪に変わったとも言われています。
 
 
  
 
 
 
   
      
 
 〜大阪の観光地〜    
  大阪のシンボル1 大阪城      大阪のシンボル2 通天閣    芸能・文化
  ユニバーサル・スタジオ・ジャパン      水族館・動物園・植物園    神社・お寺
  遊園地・名物観覧車      博物館・美術館・科学館    観戦・その他
  お笑い「吉本」      歴史資料館    食事
  景色・周遊        

  大阪の豆知識      大阪の歴史    大阪の温泉
  大阪周遊ガイド      大阪の祭り   

  リンク集      リンクについて    プロフィール



Copyright(C) 大阪は今日も快晴 All Rights Reserved